神在月にいく出雲アーシングツアーと日本の神様めぐり

Produced by HIKARULAND&MAJOLICA

〈1泊2日〉
2018年10月6日(土)~ 7日(日)開催

地球とつながり  神々とつながる
エハンとソニアの

神在月にいく

出雲アーシングツアーと日本の神様めぐり

皆さまは、日本の神様をどのくらいご存知でしょうか?
実は日本の神様はシュメール神話にも深く関わっているという説があります。
地球はひとつですが、国はそれぞれ。
そうした国々は、その国に根差した環境、季節に応じた「その国でしか味わえない特徴」を持っています。
日本は自然の中に神々を見いだし、八百万の神としました。

天と地の間に生きる私たち人間が、裸足で出雲の大地とつながり神々とつながる、地球冒険家のエハン・デラヴィと、プレアデスコンタクティの愛知ソニアと巡る、天と地を突き抜けるスペシャルな出雲ツアー!

日本の神様はシュメール神話にも深く関わっている?

– 記紀(古事記と日本書紀)に登場する天孫降臨伝説 –

天からやって来た神々が降り立ち、日本列島をつくり、建国したといわれています。
シュメール神話ではニビル星からやってきたアヌンナキが人類をつくり、地球文明を興した、と伝えられており、さらに古史古伝である竹内文書にも、シュメール神話とそっくりな話が登場します。

アーシングとは「地面とつながること」であり、靴下や靴を脱いで素足や素手で直接大地に触れることです。かつて人間は、皮膚が地面に触れる生活をしていました。裸足で歩き、じかに地面の上に寝ていました。ところが現在ではほとんどの場合、地球から離された状態で生活をしています。合成繊維のカーペットの床を歩き、断熱材でできているベットに寝て、絶縁体であるゴム底の靴を履いています。
アーシングを忘れたわたしたちは、「不調感」という慢性病とのお付き合いがはじまりました。「なんとなくだるい」「なんだかやる気が出ない」、その大きな原因が大地と離れてしまったことなのです。しかも、私たちは電気製品という電磁波の嵐の中で日々過ごしています。
アーシングとは、この電磁波を体外に放出し、大地のパワーをいただくというサイクルを作る健康法を総称しています。
水が伝導体の役目をして、電気をさらに流しやすくしてくれるアーシングに最適な場所は、海岸などの水辺に接する砂浜と言われています。

今回のツアーで行うアーシングは、天の神様とつながる神在月の出雲にて、稲佐の浜で大地(地球)のエネルギーを丸ごと体感するアーシングです!

ツアーナビゲーター紹介
エハン・デラヴィ
(一般社団法人アースリング・ファウンデーション代表理事・意識研究家・講演家・作家・世界探検家)

1952年スコットランド生まれ。幼少から神秘的な世界にひかれ、22才より日本で生活を開始。日本での最初の15年間、東洋医学と弓道に専念する。その時代に神戸女学院や関西大学などで英語の講師を務めた経験もあり。その後、人間の意識改革について、世界各国を歩き探究し続ける。流暢でユーモラスな日本語で全国講演をしながら、世界隅々から収集したニューパラダイムに関する情報を伝えている。
2013年にアーシングと出逢い、「大地に繋がる」ことの重要性について創始者のクリントン・オーバー博士等著名な研究家達と交流を深め、日本にも「大地と繋がる─アーシング─」の活動を広めるため全力を注いでいる。2017年にはアイスランド633kmを縦断して「大地に繋がった状態でいることによる人に対しての肉体的・精神的影響」を33日間におよび実験し、そのドキュメンタリー映画「Why on Earth」が本年6月23日より公開予定。
映画「Why on Earth」公式サイト
書籍「Why on Earth – アイスランド縦断記 -」Amazonページ

愛知ソニア
(翻訳家・作家・プレアデス集合意識体コンタクティ・アカシックレコードリーダー)

1970 年よりイタリアとイギリスに留学して芸術を専攻。 エハンと結婚後、日本で十五年間、生活しながら子育て、 座禅、ヨガ、正食に励む。 後十二年間はカナダに移住し、夫と共に日本向けの精神世界情報誌、「トランスダイメンション・ヴィスタ」を発行してきた。 海外ワークショップの企画や翻訳も手がけている。 以前から主に西洋の女神史に関心があり、「女神シリーズ」をヴィスタに記載する。未来学者バーバラ・M・ハバード女史をはじめとして、意識の進化をアシス トする様々な女性たちにインタヴューを行ったことがある。
「インディゴ・チルドレン」(ナチュラル・スピリット/2001年)「パワーかフォースか」(三五館/2004年)「プレアデス光の家族」(太陽出版/2006年)「アーシング」(ヒカルランド/2015年)など数々の本を、夫・エハンと共に翻訳する傍ら、講演活動や海外ワークショップを1993年頃から行ってきた。カナダBC州ネルソンでの在住を経て、2013年1月から日本に。
その年の9月よりプレアデスの意識体より直接伝授された「アカシックオラクル」を使ってライフパーパス(生まれる前に決めてきた人生の目的やコース)をリーディングするワークショップとアカシックレコードリーダーを養成するワークショップを開催。同時に、各種講演会、イベントなどの活動を行っている。プレアデス集合意識体をはじめ多次元意識体からもたらされるウォークインメッセージ及びリーディングに基づいた小説は反響を呼んでいる。
希望の星 オフィシャルブログ
official Facebook

出雲観光ガイド

髙須賀千江子
(自然光ダンサー・ヨガインストラクター)

出雲市在住、横浜生まれ。10歳より演劇をはじめる。16歳の時にイギリスにて、ダンスは「年齢・性別・国境を越えて一体になれること」を体験し感動する。帰国後ミュージカル出演などを経て、18歳でコンテンポラリーダンスに出逢い、数々の舞台に出演。2011年“自然光ダンサー”として活動をはじめる。その場の空気やエネルギーを感じて、その時にだけ生まれる舞を紡ぎだし、妖精のような軽やかさで見る人の心をほぐしていく。イベント、コンサート、保育園や福祉施設でパフォーマンスを行い、現代美術作家や音楽家とのコラボレーションも多数。
2015年より出雲大社、高野山 壇上伽藍など全国の寺社で舞を奉納する。
2016年には島根県で古事記を題材としたミュージカル「いなたひめ〜おろちの森〜」を創作し、脚本と主演のいなたひめを演じる。

「出雲人 -IZUMOZINE-」特集ページ
「いずもな暮らし」特集ページ
出雲の自然光ダンサー 髙須賀千江子さん オフィシャルブログ

ツアースケジュール
previous arrow
next arrow
Slider

※ツアースケジュールは現在予定しているものとなります。
詳しいスケジュールは、マジョリカプランニング内ツアー案内ページをご参照ください。

10月6日 (土)

– アーシング/ヨガ体験/トークタイム –


(12:00)出雲空港/到着ロビー 集合
(12:45)出雲市駅/改札口出 集合


– 稲佐の浜にて –

*エハン・デラヴィによるアーシング体験
*髙須賀千江子さんによるヨガ体験

※ヨガ体験は初心者の方OK、雨天の場合は屋内にて開催予定


– ベジカフェ+ギャラリー「まないな」にて –

ソニア&エハンのトークタイム
『コネクションを強化して‘結び目’を確実なものとするために』

10月7日(日)

– 出雲観光 –


1.八雲山を背にした神域『出雲大社』
2.ソニアさんおススメ!そびえ立つ奇岩『立久恵峡』
3.須佐之男命御魂鎮めの御社『須佐神社』
4.天つ神である素盞嗚尊と、地つ神である稲田姫命を祀る『八重垣神社』


(17:00) 出雲市駅 解散予定
(17:45) 出雲空港 解散予定


※2日間とも貸切バスにて移動します

宿泊ホテル「月夜のうさぎ」

ホテルは出雲大社近くの素敵なお宿「月夜のうさぎ」にて宿泊予定です。
※洋室ツインルーム使用、もしくは和室にて同性相部屋となります。

トークタイムについて

10月6日のトークタイムは、
巨石写真家の須田郡司さんと奥様のひとみさんが経営される、
地元食材のやさい料理とアートスペース ベジカフェ+ギャラリー「まないな」さんにて行います。

「いずもな暮らし」須田 郡司さん、ひとみさん紹介ページ
ベジカフェ+ギャラリー「まないな」Facebookページ

ソニア&エハンのトークタイムテーマ

「コネクションを強化して‘結び目’を確実なものとするために」

ツアーナビゲーター 愛知ソニアより皆様へ

私たち夫婦が ‘大国主大神’とのご縁をいただいたのは、1995年のことでした。当時はまだカナダで生活しており、ETシャアリと出会ってまもない頃のことです。彼女から「日本の神様とつながりなさい」と告げられ、ローマ字で書かれた‘神拝詞(しんぱいし)’というものを渡されました。プレアデス星人から渡されたものが「なぜ日本の神様?」と奇妙にさえ感じたのですが、言われるままに毎朝の祈りの中で‘神拝詞’を入れて夫婦ふたりで唱えるようになりました。さらにはETシャアリと会うたびに、「 幸魂奇魂 守り給ひ幸ひ給へ」と一緒に日本語で祈っていたほどです。本当に、不思議な結びつきとしか言いようがありません。このようなご縁で、私たち夫婦は日本に住むようになってから毎年一度は出雲大社を参拝するようになりました。今年、出雲大社を参拝していた時に「‘結び目’を強化しなさい」というメッセージをいただきました。さらには、‘大国主大神’の御魂と、旧約聖書に登場する預言者‘アブラハム’の御魂が重なり合ったところでメッセージを受けました。これもまた不思議としか言いようがありません。どちらもこの上なく優しい御父のエネルギーです。大国主大神を祀っている出雲大社は、縁結びとしてよく知られています。縁結びとはたんなる男女のご縁だけではなく、あらゆるご縁を意味します。夫婦やパートナー、友だちなどよき関係性の縁、仕事の縁も含めて、さらには、高次元の存在たちとのコネクシションを深める‘ムスビ’を意味します。2018年という「時代の節目」ともいうべき年に、これからの我が国日本の平安と、海外諸国とのよき関係性、さらにはこの国に住む私たちひとりひとりの幸せを願って、日本の神々の代表である大国主大神と結び目を強化する旅です。ぜひ、私たち夫婦とご一緒してくださることを心から祈っております。

出雲大社の参道の脇に海からせりあがる金色の珠(魂)を受け取る大国主大神の銅像があります。そこには、以下のような説明が書かれています。これぞまさに、私たち個々人が神様とさらなる融合を図るためにセレモニーを通して受け取るべき金色の珠(魂)であり、世のため人のためご奉仕させて頂くためのコミットメントなのだろうと解釈している次第です。


幸(さき)魂(みたま)奇(くし)魂(みたま)時に海を照らして依り来る神あり、吾在る由りて故に汝その国造りの大業を得たり、吾は汝が幸魂奇魂なりと知りぬ。

古事記また日本書紀に大国主大神はこの幸魂奇魂のおかげをいただいて神性を養われ「ムスビの大神」になった。生きとし生きるものすべてが幸福になる「縁」を結ぶ「縁結びの神」と慕われるゆえんである。およそ人であるということは幸魂奇魂というムスビのみたまをわが身にいただいて霊止すなわち人として生かされているからであります。大神からいただいたこの命を感謝して大切に正しく生かしきりましょう。出雲大社ではこの御神教にちなんで「さきみたま くしみたま まもりたまひ さきはたまえ」と唱えて御神縁を祈念いたします。』

参加料金

1名/88,000円(税込)※8月31日までの早割価格

1名/98,000円(税込)※9月1日からの通常価格

◎募集人数:約25名  最小催行人数:15名

◎参加料金に含まれるもの
2日間の貸切バス代、出雲ホテル宿泊代(1泊2食付)、昼食2日分、ヨガマットレンタル代など

◎参加料金に含まれないもの
出雲空港、出雲市駅までの集合時・解散後の交通費、上記飲物代以外の各お食事代など

◎解散時刻は前後する可能性がありますので、交通チケットは余裕をもってご予約ください。

お問い合わせ・お申込み

お問い合わせ・お申込は『マジョリカプランニング』にてお受けしております

お申込みの際は、
1.出雲空港/到着ロビーにて合流
2.出雲市駅/改札口にて合流
どちらかご希望の合流場所のお書き添えをお願いいたします。

○ お申込み・お問い合わせ担当
 マジョリカプランニング 高島敏子 (TEL : 080-2382-1876/MAIL : info※majolicaplanning.com ※⇨@)

マジョリカプランニング内「神在月にいく出雲アーシングツアーと日本の神様めぐり」案内ページ


※キャンセル規定
ツアー開始日の前日から起算して:[ご出発の21日前から14日前:ご旅行代金の20%][ご出発の13日前から7日前:ご旅行代金の30%][ご出発の6日前から3日前:40%][ご出発の2日前:50%][ご出発の前日と当日:100%]


旅行主催:株式会社クラブワールド
一般社団法人日本旅行業協会正会員/受託販売
東京都知事登録3-5481号
〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西1-32-26 ヒルクレスト代官山202号室
TEL03-6416-3705 FAX03-6416-3709
旅行企画・実施:株式会社PINK 観光庁長官登録旅行業1861号(社)日本旅行業協会正会員
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-12-19 東建インターナショナル 9F