7月のエネルギー

浄化のエネルギーが強く降り注いでいますが、

現時点で、統一性のある融合的な
地球本来のソースエネルギーが
少しずつ増しはじめてきています。

このエネルギーは、
これから徐々に増していく傾向にあるので、
「安心感」もそれに伴って増していきますので、
これはほっとしますね。
有り難いです。

とはいえ、
このエネルギーに同調するかしないかは、
あなた次第です。
自己の古いパターンをほんとうに
捨て切れたのかどうかに関わっています。

このようにエネルギーが大きく
変換されるプロセスとして、
大なり小なりの対立も起きえます。
互いのことをもっとよく理解し合うために
起きるのです。
目先のことに囚われずに、
長い目で関係性を築いていく心構えが必要です。
当然、互いに歩み寄ることができる
心の柔軟性が問われます。
相手の立場になって、
相手の心のメカニズムを理解しようとする
努力も必要です。

わたしたち人類だけではなく、
地球上のあらゆる生命を感じ取ることができる
ホリスティックでハートフルな成長
わたしたちに促す光のフリクエンシーが
増してきています。

2018年は、
地球の住民であるわたしたちが、
あらゆる難関を突破した末の
「達成感」を味わうことを約束されている年です。
それがプログラムされている年です。
ですから、ときとして、
非常に重く悩ましく感じられる瞬間があり
そうかと思えば、突然のひらめきを得て、
軽く感じられるようなことを
交互に繰り返す傾向が強いです。

とくに「エンパス」と呼ばれているような
他人の感情を吸収しやすい敏感な人にとっては、
耐えがたいような辛さを引き起こしやすく、
肉体的にも影響されやすくなっています。
より拡大された視野から物事を捉えることと、
内面の強さを養うことが要求されます。
自分はエンパスだからしょうがないと、
諦めたり周囲を避けたりしないでください。
成長のためのチャンスを宇宙は平等に
与えてくれている
のですから。

「白紙に戻す」というようなことも
この時期に度々経験されるでしょうが、
これは2018年が終わろうとする頃には、
その意味がはっきりと理解でき、
肩の荷が降りて、
ほっと胸をなでおろすことができるでしょう。
ですから、
それを「行き詰まり」とか「ブロック」と考えずに、
あなたが関わっている興味深いプロジェクトは
まだほかにもあるはずです。
そこにフォーカスを変えてください
やり終えずに放置したままの状態になっている
何かがあるはずです。

さて、7月はわたしたち個々の魂の声が、
さらにはっきりと聞こえるようになるでしょう。
自分が所属するグループソウルの
「ワンネス」が感じられる
ことから、
なんらかのきっかけで、
懐かしい気持が蘇ってくるでしょう。
それがハートチャクラの活性を促します。
そして、それが肉体の細胞を活性化させ、
新しいレベルの覚醒へと導いてくれるでしょう。
それは魂レベルの気づきであり、
魂レベルで生きることへと完全シフトしていきます
これが、
5次元地球がわたしたちに与えてくれるギフトです。

ですから7月は「融合」、あるいは「一致」が
大きなテーマ
となります。
世界的にも一致を目指す動きや、
一致を目指すがための混乱が生じやすいでしょう。
いかに相手の気持を理解しながらも、
自分の気持を抑えて妥協しないように

このバランスを図りながら、
新しい関係性、新しい同意を見出すことです。

前述のように、
とても深いスピリチュアルな経験を
7月のエネルギーは運んで来てくれるのですが、
7月上旬は、やらなければならないことに
圧倒されがちで、これが落ち込んだり、
孤立感を感じやすくさせます。
単なる疲労が原因ですので、
深く考え込まないようにしてください
すべては過ぎ去り、永遠に続くとはありません!

☆ 出版記念講演会 in Kobe のお知らせです。

‘Why on earth’の上映会、愛知ソニアとエハン・デラヴィの講演を兼ねて行ないます。
ぜひご参加ください。皆さまのお越しをお待ちしております。

〈開催日〉8月19日(日)
〈時 間〉13:00~16:30
〈会 場〉兵庫県民会館 11F パルテホール
〈料 金〉一席/5,000円
◆エハン・デラヴィ&愛知ソニアのトークショー同時開催!
◆上映会&講演会終了後、サイン会を行います

詳しい内容とお申し込みリンク:
https://sonia.aichi.jp/seminar-event/2018-08-19-special-ivent/

———————————————–
※引用及び転載について:facebookへの転載、youtubeなど動画サイトでのコンテンツとしての使用はご遠慮ください。他、媒体に部分引用される際は、「引用元」と「愛知ソニア」の表記をお願いいたします。【愛知ソニアコンテンツ管理部】
————————————————–