ダンカン・グレディ(カナダスピリチュアルデトックスの旅)

ダンカン・グレディ

カナダスピリチュアルデトックスの旅の準備がどんどん整ってきています。
今回のワークショップのナビゲーターの一人をNakako Yamamoto さんがご紹介してくださいました。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
森のお父さんこと「ダンカン・グレディ(シャーマン)」さんのご紹介
2015愛知ソニアと行く「スピリチュアルデトックスの旅」

———————————————
(経歴)アメリカのブラックフィート族の伝統文化で育つ。神学の博士号を取得。心理学科教授として米国、カナダの大学で教鞭をとる。30年間以上、トラウ マや依存症患者の治療に携わり、現在では心理カウンセラー、ホスピス関連の医者たちに教育を施す傍ら、失われつつあるネイティヴの伝統を守り続けている。
———————————————

「森のお父さん」とご紹介したのは、昨年のイベント【愛知ソニアと行く「スピリチュアルデトックスの旅」】で私の中に入った妖精がそう呼んでいたからで す。ダンカンさんの風情は、私がイメージしていたシャーマンそのもの。長身に長い髭を蓄え、落ち着きと壮大な癒しのエネルギー、すべてとつながっていると 感じさせるその目…。写真を見てあとから気づいたことですが、スエットロッジのときダンカンさんに降り注がれる七色の光、そしてワシュマセレモニーのとき に、「祖先のお力もお借りしましょう」と言われたときに、瞑想ルームの天井に咲いた光の花と差し込んだ光の柱はこの世のものとは思えないものでした。

でも、私はこのときまでは威厳のある近寄り難い方と思っていたのです。ですが、私の中に入った妖精にダンカンさんはすぐに気づかれ、(みるみる形相を崩さ れ)ものすごーい優しい微笑で見つめてくれました。そして、妖精になった私が近づいていくと、心から楽しそうに笑ってくださり、私も大笑い…しばらく笑い 合っていました。妖精になった私は生命の歓びがこぼれだし、ただただ嬉しく楽しくて笑いがこみ上げて仕方ないという感じでした。最後に、「この大地を笑い という浄化と癒し与えてくれたことに感謝します」~というようなお言葉を頂き、やはり心からの笑いには浄化の大きな力があるのだと感じました。あのときか ら一緒にいる妖精さんは「また森のお父さんに会える♪」と再会を待ち焦がれております。

妖精の思考を体験できたことは、本来の心の輝きに気づけたこと、人の孤独で制限の思考システムが透けて見えたこと、自分が何をしたがっているのかという本来の喜びに気づけたこととその確信を得られパワーが充満!となりました。

参加された皆さんそれぞれがつながりたいものにつながったようで、その感動は今となればミラクルとしか表現できませんが、あの場面では普通のことで、つながることは本来の姿なのだと実感していました。

メンタルワークの方、クリエーターの方、本来の自分とつながることにいまいち壁を感じている方、能力や個性を開花させたいと願っている方、突き抜けますよ。ソニアさんのキャッチコピー通り「ぶっ飛びます」。
———————————————
2015愛知ソニアと行く「スピリチュアルデトックスの旅」

 

Posted by 愛知 ソニア at 20:08シャーマ