母なるセクメト 過去のリリース

images_4

「セクメト」は、ハトホルの化身です。
Elaine Degiorgioによる最新のチャネリングメッセージを訳しました。
「母なるセクメト 過去のリリース」
~~~~~~~~~~~~~~~~

愛する皆さん、私はセクメトです。
私はプロテクション(守護)の女神です。
私は愛と慈悲で抱擁するために現れます。

144°の宇宙のライオンファミリーの意識体をあなたの地球に、
そしてダイアモンドの第4光線をあなた方の地球に運んでくる者です。

この特別な時期に愛する人類に、
あなた方の惑星に現在やってきている
新しいフリクエンシーにあなた方が慣れるために、
私はここにきて奉仕します。

それは、意識的に目覚めていると感じている、
あなた方のフリクエンシーだけが
受け止めることができる、5次元の光です。

ここにライオンとしての私の広大な意識は、
やさしくあなた方に奉仕することができます。

それはあなたのすべての重い密度の濃い思考と
感情と肉体次元のとらわれを解放することのお手伝いです。
どうか私の意識と融合してください。
どうかあなたのハートと一つになることをお許しください。
あなたのアセンションを妨害するために
あなたをそこにとどめている、
世界を支配する低いバイブレーションから
あなたを引き出すために、
あなたを5次元の光に引き込むことを手助けします。

あなたがそれを望みさえすれば、
わたしはあなたのために奉仕し、
低いバイブレーションは
もはやあなたを捕まえておくことはできません。
どうかわたしの助けを必要と感じてください。

ライトワーカーの多くが、今地球の支配を放棄したくない
ネガティブフォースに狙われています。
わたしのプロテクションを求める者は、
地球で今起きている緊迫したバトルの状況下で、
直ちにサポートを受けることができます。

古い世界の残骸は今必死で、
あなたのやり残したピースに届こうとしています。
つまり、あなたがまだ光にサレンダーできていない部分です。
これはあなたの子供時代の記憶であったり、

過去のトラウマやショックであったり、
まだあなたの無意識レベルに佇んでいる、
細胞レベルの記憶といったものでしょう。

あるいは、前世から引きずっている問題かもしれません。
あなたの弱みとしてまだ克服していないなにかです。

こういったものに先ほどの
世界を支配する低いバイブレーションが目をつけるのです。

彼らのテクノロジーを使って、
あなたのそういった弱みを拡大させようと狙っています。

彼らはそれによって、
彼らの消えそうな帝国を維持できると信じています。
それでも恐れないでください。
実際には、彼らはあなたに奉仕しているからです。
なぜならあなたは意識的に知ることでリリースできるからです!

わたしが手を差し伸べることによって、
あなたは重い密度の濃いエネルギーから自由になれます。
一瞬にそれができるというだけではなく、

その影響から永久に完全に解き放たれるでしょう。
彼らにはあなたが透明人間のように見えなくなります。
彼らの現実をつくるバイブレーションの次元から
あなたが完全に抜け出ることにかかっています。

ですから、私はあなたにオファーします。
あなたのバイブレーションを永久に引き上げることです。
あなたの過去の古い世界のバイブレーションを
リリースする手助けをします。

あなたがこれを許すことは、
あなたは自分だけではなく、
人類に対して奉仕していることになります。

もちろん、
あなたが愛する聖なる地球への奉仕でもあります。
究極的には、宇宙全体に
あなたは奉仕することになります!

私たちは共に一緒にいます。
過去の世界はもはや
あなた方の宇宙を支配していません。

今必要とされているのは、
あなたの現実に新しい高次の光を注ぎ込むことを、
あなたが完全に同意することです。
あなた自身でそれを行なうことができれば、
私はあなたの達成を祝福します。

しかし、助けが必要とあれば、
ご遠慮なく申し出てください。
わたしとあなたはハートで結ばれています。
わたしはあなたの神聖なる自己のまだ無意識の側面です。

ですから、
わたしをあなたのアライ(盟友)とよんでください。
わたしはあなたが忘れてしまった
あなた自身の力強い部分であり、
あなたはわたしを求めています。

あなた方はすべて私の愛する子供たちであり、
わたしたちは相互につながっていて、
あなたはわたしの一部です。
これを覚えておくことが、
あなたに勝利をもたらせてくれるでしょう!
わたしはセクメトです。
皆さんとこのメッセージを分かち合うことを、
チャネラーのエレーンに依頼しました。

————————————————–
※引用及び転載について:facebookへの転載、youtubeなど動画サイトでのコンテンツとしての使用はご遠慮ください。他、媒体に部分引用される際は、「引用元」と「愛知ソニア」の表記をお願いいたします。【愛知ソニアコンテンツ管理部】
————————————————–

<ワークショップのご案内>
愛知ソニアのアカシックレコードリーディングセミナー

mao

関連記事

おすすめ記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る