3月12日の満月のエネルギー<愛知ソニア>

3月12日満月
あれから6年という月日が流れました。
東日本大震災で亡くなられた魂たちへのご冥福と、
被害をこうむられた方々に心からお見舞い申し上げます。

今年もはや3月となり、
明日12日は満月を迎えます。
アメリカのネイティブたちは、
冬の終わりを告げる3月の満月に、
Worm Moon(ミミズ月)という名前をつけました。
雪がとけた地面に再びミミズが這った跡が
みられることにちなんだ名です。
また、この3月の満月は、
Sap Moon(樹液月)とも呼ばれ、
メープルシロップとなる樹液をカエデから採集する時期で、
「サップムーン」として知られています。

さて、明日の満月のエネルギーを、
昨日、今日あたりから明らかに感じられます。
「3月のエネルギー」では、
『3月12日の満月は、
過去から引きずってきたネガティブ感情パターンや、
「ねばならない」と思い込んできた複雑な重荷を
リリースするように心がけてください。』
と、このようにお伝えしていますが、
この満月のバイブレーションにフォーカスして、
もう少し詳しく説明することにします。

いよいよ、あともう一歩というところで、
あることが完成/到達しようとしています。
ただ今は見えないだけです。

これは人生全体を通して、
あることに対する理解に到達する、
あるいは、天命に出会えるとか、
今までの迷いから抜け出て前方がはっきりするとか、
ようやく真のパートナーに出会える、
過去の癒しが起きて自信が生まれる、
といったような、人生における大きなことです。

そのプロセスを促進させるかのようなミラクルを、
この満月は運んできてくれるかもしれません。
ミラクルは予想外に起きるので、
どんなミラクルが起きるのか、
できるだけ想像したり考えたりせずに、
楽しみに待ってましょう。

そうであっても、
そのミラクルを受け取る受け皿を
準備しておくことができます。

関係性における今までのネガティブパターンを開放し、
関係性をはっきり、すっきりさせることや、
最近、予想外のことが舞い込んできたために、
生活リズムがくるってしまっていたら、
もう一度生活のペースをもとに戻すことや、
デトックスしたり、ダイエットで、
体のリズムを整えることなどです。

また、今まで頭の中で描いていた将来への夢を、
現実かつ実用的な方法で、
実際にスタートしてみてもよいタイミングです。
結果にこだわらずに、あれこれと試してみてください。

心の中、関係性、頭の中も含めて、
何事もクリア―になることに意識すると、
3月の満月はきっとミラクルを届けてくれるでしょう!

関連記事

おすすめ記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る