2月のエネルギー

2月のエネルギー
2016年は一言で「浄化の年」です。
12月ごろからはじまり、
今年前半も引き続き、
不必要なものを取り除くワークがメインとなります。
ずばり内面を見つめるワークです。それをしないかぎり、
今年後半に訪れるべき
あなたのダイナミックな変容がスムーズに起きません。
その訪れを感じているので、
今、しきりに「自立したい」という気持ちを掻き立てます。
本来やりたかったことをすぐにでも始めたい、
という衝動に駆られやすくなっています。
前進したはずなのに、
また引き戻されるようなことが起きやすいです。

スムーズに前進するためには、
まず手放し、浄化しなければならないことが押し寄せます。
さもなければ、周囲との摩擦を引き寄せます。
今年の始まりから3週間ほど続いていた水星逆行が、
それに拍車をかけていました。
2016年はそういった意味でも強烈な年です。
なので、けして楽ではなく、
むしろ、急き立てられるような圧迫感が伴います。

あなたの古いパターンを手放して、
新しい未来を迎え入れるためのプロセスです。
すんなり手放すことができれば、
どっとさらにいいものが入ってきます。
それがほんとうに手放されているか、どうか、
これが目に見えて現れるサインです。

自分はこうだと今まで確信していた、
自分の思い込みアイデンティティを捨てることが、
加速的に移り変わる世界に順応するポイントです。
次から次へと摩擦が現れるようでしたら、
思い込みアイデンティティを根本的に捨てきれてない証拠です。

1月25日以降から、
またパワフルなエネルギーが流れ始めました。
好ましいこともそうでないことも含めて多くの目覚めが起きます。
12月中旬から2月上旬までエネルギーは、
心の持ち方、考え方を改めたりできるように、
問題解決のためのエネルギーが働きかけます。
他との摩擦なども含めて、
けしてスムーズではないところに、
実は宝が潜んでいるのです。
現実がもっとすっきりクリアになるように、
望ましくない傾向を終わらせるように働きかけます。

子供時代から続いていた内面の問題、
過去世から今生に持ち込んだ、
好ましくないパターンやカルマを、
これからの魂の進化のために一切合切
取り除くようにエネルギーが働きかけています。
2016年後期に訪れる新しい自己が誕生するために、
それが起きているのです。

誰かと摩擦が起きても、
誰も責めるべきではないのです。
あなた自身の無意識レベルのシャドウが、
浮上しているにすぎないからです。
心の深いところにある自己の影を見つめる時期です。
押し込めてきた、塞いできた見たくないものが、
見えてくるでしょう。
だから世界情勢や経済、社会、パートナーといったように、
つい他を責めたくなったり、
犠牲者意識に駆られそうになりがちです。

そうなるのではなく、
客観的に自己の内面を見つめてください。
いらないものを取り除くように、
今のエネルギーが本格的な浄化をアシストしてくれています。
後にダイナミックに訪れる新しい自分のために、
今自分自身を見つめ直し、理解し、
いらないものを大掃除して、
心の断捨離ぜひ、やってみてください。

誰かに対して頭にくるときは、
それは過去から引きずっている自分の問題であり、
それを解決すべき時が来たサインだと捉えてください。
まずどのように自分が感じるかを観察して、
そこに潜んでいる自らのシャドウに気づいてください。
自己を癒す自己セラピーワークが、
まさに起きているのです。

自分自身について今まで知っていたことを、
角度を変えて観察するようにしてください。
過去世のどこかで、
あるいは、子供時代に親や誰かが原因で定着した、
自分のためにならない固定パターンや考え方を、
解放するように努めてください。

関係性は自分自身の内なる世界を見つめる鏡でしかないのです。
他人を批判することは、自分自身を批判していることにすぎません。
無意識レベルで自分はこうだと、
信じてきたことが覆されると、
つまり、自分のシャドウに光を照らすと、
それは自然に姿を消します。
つまり、客観的に自分を見つめて、
過去のパターンを解放するワークです。
これは、2016年後半期頃から、
今まで想像すらできなかったほど、
すばらしい新しい自分が誕生するために、
避けられないイニシエーションです。

火山の底から溶岩が表面に持ち上げられる如く、
恐ろしくて、つい目を塞ぎたくなるかもしれませんが、
それは、手放すべき過去の総括が見えてくるからです。

この時期に心のワークだけではなく、
肉体のデトックスやリセットするのもいいでしょう。
けっこうエネルギーが必要とされるので、
体力づくりして、パワーアップしてください。
常に疲れていて、快調でなければ圧倒されるばかりです。
関係性におけるフレッシュな情熱も求められています。

身の回りの不必要なものを整理整頓、断捨離も
引き続き行ってください。

関連記事

おすすめ記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る