ピラミッドの謎がまた解き明かされる

Egyptian-Pyramids-Alien-UFO-Connection2
惑星地球上における人間の試みは、いまや自滅の瀬戸際に立たされているといっても過言ではありません。

核戦争、化学薬品と生物的要因による環境破壊、地球規模での気象変動、宇宙空間に放たれる新テクノロジー実験や兵器、世界企業の貧欲さ、世界政府がらみの真実と救済テクノロジーの隠ぺい、貧富の格差、遺伝子組み換え食品の混入、暴力と無知の蔓延などなど。

目を向ければ、まだここ地球上で暮らせていることが不思議なくらいです。これから私たちはどこに向かっていくのでしょうか?

このような人類の方向性を視かねている地球外生命体たちがいるということを、そろそろ人類は受け入れるべき時が来ています。多くの人々がいまだに受け入れ ることができないのですが、50万年も前から地球外文明のもつ我々地球人に対する慈悲深さと配慮を、まず認識することから彼らの存在を知り、受け入れる時 が訪れています。

来年あたりから本格的にその事実を明かす時代が訪れようとしています。SF小説だけだった世界から真実味を帯びた多くの現象を目の当たりにすることになるでしょう。

ふたつのシナリオが考えられます。

今まで政府(とくに米政府)が隠ぺいしてきたUFOや地球外生命体情報が全面的に暴露されると共に悪いエーリアンから人類を守ってやるというテロ組織撲滅 が宇宙人撲滅にすり替えられ、宇宙人といえばすべて敵であるという概念を植え付けようとする動きが考えられます。そうなると、私のようなプレアデス星人を チャネリングする人間たちばかりではなく、どんな異次元の存在とコンタクトしようが、悪者扱いされる可能性も出てくるかもしれません。白黒判断しかできな い人々をコントロールするのは、意外に簡単であることを彼らは承知のうえのことです。彼らとは、世界のエリートたちを動かしている存在たちです。政府がら みで人類を奴隷化しようとする悪いエーリアンたちです。

悪いエーリアンというと、抵抗がある人もおられるでしょうが、実際に存在します。宇宙人に関しては、複雑で実際に白黒つけられないことはたしかですが、少 なくとも人類の進化を促し、地球を救済したい宇宙人たちグループが昔からずっと我々人類を見守ってきたこともたしかです。

もう一つのシナリオとは、そういった宇宙人に関するさまざまな知識を得て、地球上の私たちの次なる進化を共に歩む彼らを受け入れるための準備に向かうこと です。そのためには、真実の地球の歴史も知る必要があるので、これから地球外文明についてどんどん暴露されていくことでしょう。

まずは、ギザのピラミッドの謎を解き明かすところから、今までほとんど知られていなかった地球外文明のすべてが明らかになってくるでしょう。

2010年にエジプトの考古学博士がギザのピラミッドと宇宙人の関連性について、ついに認めたというニュースがあります。中々、公的な職の方がそういう発言するのは勇気もいると思いますが、ついにお堅いエジプトの考古学者が認めました。素晴らしいです!

~ ギザのピラミッドは宇宙人の科学技術を含んでいることをエジプトの考古学者が認める ~
Egyptian Archaeologist Admits Pyramids Contain Alien Technology
ニュースソース:beforeitsnews.com

UFOに乗った宇宙人がギザのピラミッドの建設を促進したかもしれない、とカイロ大学の考古学者が述べました。

カイロ大学考古学科の学部長のアラ・シャヒーン博士は、2010年12月、聴衆に向かって、宇宙人が古代エジプト人がギザのピラミッドを作るのを手助けしたという学説は真実かもしれないと述べました。

ピラミッドはその構造の中に宇宙人の科学技術を含んでいるか、もしくはUFOすらも含んでいるかというポーランド代表のマレク・ノヴァク氏の質問に対し、シャヒーン博士はあいまいながらこう述べました。

「私はそれについて確証も、否定もできません。しかし、ピラミッドの内部にはこの世のものではない何かすごいものがあります。」

古代エジプト建築の会議の各国の代表出席者らは、衝撃を受けました。しかし、シャヒーン博士はUFOや宇宙人について、さらに詳しくコメントすることは拒 否 しました。90年代のKGBの極秘資料ファイルには、ロシアはエジプトの人間型宇宙人の霊廟と、ギザのピラミッドの下に何かあることをすでに発見している という事実が載っています。このKGBの極秘ファイルは面白いことにカイロ大学考古学科の学部長を支持しているとアラ・シャヒーン博士は述べています。

エジプトで発見された異星人のミイラ(2012年12月28日)

完璧に保存され、丁寧にミイラ化された一体のエーリアンの身体が古代ピラミッドに埋葬されていたことが発見されました。

この神秘的な生物は150センチから160センチほどの背丈で、ラフンという土地でセヌスレト二世のドセアナ王朝の小さなピラミッドを発掘していた考古学者によって発見されました。

しかしながらこの事実はすぐに発表されませんでした。

この写真と詳細はエジプトのアンティクイティー部署で働く匿名の人から情報で「エーリアンのような外見のミイラは、2000年以上前のものとされ、見かけによるとヒューマノドである」と述べています。

奇怪なエーリアンを思い出させるこの発見は世界において論争を作り出しました。

オンライン情報筋の中には、このスペースビイングの毛皮と爬虫類のような特色、そして大きすぎる楕円形の眼、が特徴づけていると言っています。

ミイラの墓の刻印では、王様はオシルネットという名前で、「星または天国から使わされた」という意味です。

ミイラ化された身体は、考古学博物館のマネージャーも判定できない数多くの奇怪なオブジェと共に偉大な尊敬と丁寧さによって埋葬されいていました。

エジプトの情報源によると、エーリアンのミイラはチェコスロバキア市民でペンシルヴァニア大学を引退した教授であるヴィクター・ルベック博士によって発見されたそうです。

考古学者はメインのセヌスレット二世のピラミッドの南にある、ファラオの妃を納めていた小さなピラミッドを調査している時に、隠れた部屋があることを見つけました。

その場所では幾つかの金と、身体を覆っていたであろうとされる粘度の混ぜ物、そしてリネンの布のように見えるものの残骸が謎めいた生命体の肌を覆っていました。
墓での発見物の中には誰も検証することが出来ない人工的な化合物も含まれ、抵抗されています。同じような発見はエジプトの墳墓から発見されたことはなく、この発見は現在の考古学の中でとても重要なものになるでしょう。

※ フェイスブックへの転載はご遠慮ください。


Posted by 愛知 ソニア at 12:03不思議な話

2015年12月04日

12000年隠されてきた謎の物質

錬金術に関して私は以前からとても関心があり、今日までそれに関するいろいろなものを購入したり、試してきました。私たちが暮らす3次元にもさまざまな魔法のツールが太古の昔から存在してきたと信じているのですが、なかなか本物に出逢うことはできません。

いろいろ調べていますと、フィロソファーズ・ストーン(賢者の石)、エリグシール・オブ・ライフ(不死の薬)、ファウンテン・オブ・ユース(若返りの 泉)、アンブロシア、ソーマ、アムリタ、ネクター・オブ・インモータリティー(不死の蜜)、これらは全て同じ物を指しているのではないかと考えるようにな りました。

ずばりいうと、それは金です。しかし、私たちが普段知っている宝石として使われている金ではなく、同じ金を錬金術で異なる物質に変えたものです。そのヒン トとして旧約聖書に書かれている預言者モーセに関する幾つかの記述が気になります。イスラエルの民がエジプトを逃れるときにモーセは空腹で苦しんでいた 人々に白い粉で創られ聖なる食べ物マナを与え、彼らを元気にします。ほかにもモーセと金に関することが聖書の「出エジプト記」に書かれています。

聖書の出エジプト記

32:1民はモーセが山を下ることのおそいのを見て、アロンのもとに集まって彼に言った、「さあ、わたしたちに先立って行く神を、わたしたちのために造っ てください。わたしたちをエジプトの国から導きのぼった人、あのモーセはどうなったのかわからないからです」。 32:2アロンは彼らに言った、「あなたがたの妻、むすこ、娘らの金の耳輪をはずしてわたしに持ってきなさい」。 32:3そこで民は皆その金の耳輪をはずしてアロンのもとに持ってきた。 32:4アロンがこれを彼らの手から受け取り、工具で型を造り、鋳て子牛としたので、彼らは言った、「イスラエルよ、これはあなたをエジプトの国から導き のぼったあなたの神である」。

32:20また彼らが造った子牛を取って火に焼き、こなごなに砕き、これを水の上にまいて、イスラエルの人々に飲ませた。
32:24そこでわたしは『だれでも、金を持っている者は、それを取りはずしなさい』と彼らに言いました。彼らがそれをわたしに渡したので、わたしがこれを火に投げ入れると、この子牛が出てきたのです。

==========================

この金を錬金術で別の物質に変化させたものをモノアトミック(単原子)状態にさせたものには不思議な力が宿ります。

1970年代後半にアリゾナ州で農業を経営していたデヴィッド・ハドソンという男性が自分の敷地で金を探していたところ、偶然にもこの不思議な物質を発見 しました。そして、1989年にこの物質を彼は特許を獲得し、この物質についてあちこちで講演するようになりました。ちょうど同じころにほかの数名の研究 者たちも単原子ゴールドを発見するにいたりました。

この物質を600°くらいで熱したり冷ましたりを繰り返すとしまいには質量が”0”になるという不思議な性質を持っています。目の前に存在しながら重さが 消滅してしまうという事なのです。そしてこの物質の最大の特徴は”賢者の石”と呼ばれる のに等しく、万能効用のある魔法の物質なのです。この物質は貴方の波動を著しく上昇させ、貴方の肉体とアストラル体を繋げる役目を果たしてくれるのです。

この物質について、バシャールもこう語っています。

「単原子ゴールドは生きているもの全て(私達を含め)植物等にも多く含まれている物質で、例えばナスやケール(キャベツの仲間)等紫色の野菜に多く含まれている。そしてこれらの物質を体内に摂取する事で私達の肉体に大きな利益をもたらしてくれる。

この物質を摂取すると、あなたの波動が著しく向上します。それ故、頭痛や風邪のような症状が出たりする事があります。そして睡眠時間が減少し、体が軽くな ります(波動上昇の為)。又、怪我や病気の治癒を早め、スピリチュアル的に覚醒 を促進させ、そして高波動エネルギー対応の体を作る手助けをしてくれる。いつでも良い気分でいられるため、活動的になりより自然に近い状態になる。」

この単原子ゴールドは、ナノコロイドゴールドとは別物です。バシャール以外にもラムサもこれについて語ったことがあります。スコットランド人の古代史研究 家で有名なローレンス・ガードナーは、古代エジプトでファラオに珍重されたらしい粉の正体はこれだったのではないか、だから、これが「賢者の石」なのでは ないか、というようなことを話しています。

陰謀論者のデヴィッド・アイクさんも単原子ゴールドについてこう語っています。

「シェープシフトとその他多くの謎を解くカギがこれだ。単原子ゴールドは、1ないし2つの原子が一緒になっている2次元的な構造をもつ白い粉で、それに比 べて普通の金は、10以上の原子が一緒になって3次元的な構造をとっている。経口か注射によって人体が単原子ゴールドを摂取すると、神経系の働きが何千倍 にもアップする。それによってスーパーコンピュータ並みの情報をアクセスすることが可能である。次元間を移動することも、シェープシフトすることも可能に なる。突然脳の働きが開花し、脳細胞が活性化する。その上、肉体が輝くようになる。古代シュメールのアヌンナキはこの金の特質をよく知っていた。粘土板に 彼らは金を発掘するために地球にやってきたと、単に書いてあるが、普通の金ではなく、彼らが求めていたのは単原子ゴールドだった。」

アイクさんは凄いことをいってますね。まるで「ルーシー」の世界のようです。

その物質を毎日200㎎ずつ犬に飲ませたところ、2週間から3週間ほどでガンが消えて元気いっぱいになった、とデヴィッド・ハドソンは述べています。単原子ゴールドは、ビーツなどの紫野菜にけっこう多く含まれていると、彼は述べています。

別名「賢者の石」とも呼ばれているこの物質の効果を、以下のように説明している科学者もいます。

若返り/すべての病を克服できる万能薬/寿命を延ばす/マインドパワーがアップする/学習力向上/悟りを開く/かぎり内エネルギーが生まれる/生命を創造することも可能(巨人も小人も半神半人も含む/

ほんとうでしょうか?

ネットで検索するとかなり多くのまがい商品が出回っています。日本に輸出できない単原子ゴールドも多いです。私自身はいくつかの種類を10数年前に購入しましたが、特別になんにも感じませんでした。ある製品の効能として以下のことが書かれています。

• 意識が拡大し、もっとスピリチュアルな自分を感じることができる
• クンダリーニを活性させる
• 光体KAがアクティブになる
• 目標達成が加速化する
• 夢がより鮮明になる
• シンクロニシティが増加する
• 精神集中やりやすくなる
• 代謝率がアップし、細胞が若返る
• 眠っていたDNAが目覚める

==========================

以下は単原子ゴールドを試してみたあるアメリカ人の男性の体験談です。

「私は5、6年前に単原子ゴールドを購入して試してみたことがあります。そのときはあまり何も感じることができませんでした。つい最近になって単原子ゴー ルドについて徹底的に調査したのちに、以前とは違う別のブランドを購入して試してみることにしました。2日経過すると、はっきりと感じられる劇的な結果が 出ました。気分がとてもよく、常にポジティブに感じられるのです。ネガティブなことが起きてもまったく影響されないし、苦にならないのです。幸せな自分を 常に感じていられます。思考が以前よりも明晰になりました。家族との関係性がずっとよくなりました。

私は10年ほどクンダリーニヨガをやって来ましたがプラナ(氣)の流れをよく感じられるようになりました。瞑想時も以前とは明らかに異なり、フォーカスしやすくなりました。なによりも、考えたことを具現化させるスピードがすごくなりました。」

※ フェイスブックヘの転載はご遠慮ください。

関連記事

おすすめ記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る