毎朝温かいレモン水を

lemon00

Hot-lemon-water1

これを毎朝いちばんにやっています。コーヒーがあまり欲しくなくなりました。
毎日のプチデトックスとして効果バツグンに感じられます。最近ちまたでは、「塩レモン」が流行っていますね。マイヤーレモンのような美味しいレモンや、国産レモンが最近では手に入るようになったのがうれしいです。

レモンには以下のような利点があるようです。

1) 消化
レモンジュースは体から必要でない物質と毒素を排出する。これはレモンの成分が唾液や消化液に似ているので肝臓の働きによい。胆汁の生成を促す。レモンにはミネラルとビタミンが豊富に含まれている。胸やけやげっぶなどの消化不良の症状を軽減する。米国癌協会は、実際に腸の動きを促進支援するため、がん患者に暖かいレモン水を提供することを勧めている。

2) 利尿作用
尿路から不要な物質をすばやく洗い流す。レモン中のクエン酸は肝臓を刺激する酵素機能を、最大限に活用できる。

3) 免疫システム
風邪予防になるビタミンCがたくさん含まれている。レモンには脳と神経の働きを刺激するカリウムも豊富に含まれている。カリウムはまた血圧をコントロールするのに役立つ。レモンに含まれるアスコルビン酸(ビタミンC)は、炎症を抑える効果があり、また喘息や呼吸器系の症状を和らげる。免疫機能を促す体内での鉄分の吸収を促す。レモンはまた風邪やインフルエンザを防ぐ抗菌作用を示すサポニンが含まれている。

4) pHバランス
レモンは体のためにもっともよいアルカリ食品のひとつ。レモンそのものは酸性で、体に入るとアルカリ性になる。レモンのクエン酸およびアスコルビン酸の弱い両方の酸が、血液をアルカリ化させる。レモン水を習慣的にとることで、関節中の尿酸を含む、体内の全体的な酸性度を取り除くのに役立つ。

5) 肌
ビタミンCの成分だけでなく、他の抗酸化物質が活性酸素によるフリーラジカルと戦う機能がある。シワや傷、シミ対策になる。にきびを引き起こす細菌を殺す。若々しくてきれいな肌を保つのに役立つ。

6) 活力と気分
食品からのプラスイオンが消化管に入り、マイナスを帯びた酵素を操作する際に反応が起こる。レモンは、マイナスイオンが含まれている食品の一つで、それが消化管に入ったときに、より多くのエネルギーを体に提供する。レモン汁の匂いが気分を軽くし、心をクリアするのに役立つ。レモンはまた、不安や抑うつを軽減することができる。

7) 治癒
レモンに豊富に含まれているアスコルビン酸(ビタミンC)は、傷の治癒を促進し、健康な骨、組織、軟骨の維持に欠かせない栄養素。前述のように、ビタミンCは、抗酸化作用があり、他の栄養素と組み合わせることで、ビタミンCは、ストレスや怪我からの回復に不可欠な栄養素。

8) フレッシュな息
レモンは息をフレッシュに保ってくれるだけではなく、歯の痛みや歯肉炎の緩和に役立つことが知られている。

9) リンパ
白湯とレモン汁は、リンパの流れを促す。失われた体液を補い、免疫システムをサポートする。体の水分が少なくなると、疲れを感じやすくなり、免疫機能低下、便秘、不眠、ストレスぎみになる。

10)ダイエット
レモンに含まれているペクチン成分にダイエット効果がある。

飲みづらい人にはハニーレモンをお勧めします。
マヌカハニーならなおさらいいですね。

マヌカハニー;

マヌカハニー(Manuka Honey) マヌカ(manuka)はニュージーランドにのみ自生するフトモモ科の低木(学名はLeptospermum Scoparium)です。 二ユージーランドの先住民のマオリ族は古くから、マヌカの葉を煎じて薬として飲用したり、外用薬として傷や火傷の治療に利用してきました。 マヌカの葉には強い抗菌作用(病原菌を死滅させる作用)や抗炎症作用や創傷治癒促進作用があり、様々な感染症や創傷に効果があるからです。

愛知ソニアのメルマガ登録

 

関連記事

おすすめ記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る